« 「タイミング」 | トップページ | 「感謝」 »

2016年4月 1日 (金)

続・「タイミング」

「上達が速い子」は、まさにそのタイミング(位置、高さ)で打つ。 間合いがいい。気が合っている。→上達が速い。 そのタイミングを逸する子は、上達が遅い。 僕は球を出しながら、「高い所で(ラケットを)ブンと振って!」、「土台をつくってから(ラケットを)ブンと振って!」、「一球目…ゴー!」、「二球目…ゴー!」、「三球目…ゴー!」と続ける。 「上達が速い子」は、僕の発する声が「ブン!」、「ゴー!」の時に見事なタイミングで打ち抜く。 「振り急ぎ」も「振り遅れ」も駄目。 僕が出したボールを打ち抜くタイミングはひとつしかない。 おしまい

« 「タイミング」 | トップページ | 「感謝」 »

コメント

先生
おっしゃることごもっとも。
誰もがそうなりたいです。
何か、冷たさを感じます。
大人にならば、それもありですね。
しかし、選手になれる子供は一握りです。
希望を与えられるコーチになってくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011671/64758408

この記事へのトラックバック一覧です: 続・「タイミング」:

« 「タイミング」 | トップページ | 「感謝」 »