2018年2月23日 (金)

続々・「memento mori(メメントモリ)-死を想え-」

誰だってピンピンコロリを目指している。 当たり前だ。 でもそれは自分でコントロールできないこと。 最期の日が来るまで、一所懸命に生きる。 ボクシングの具志堅会長は言った(世界チャンピオンになるための3原則だ)。 <その壱>ネオン街には行かない <その弐>女の人と手を繋がない <その参>美味しいものを食べない 深い…。 若い頃は難しいことばかりだ。 いい選手を育てたい。 僕はまだ何も成し遂げていない…。             おしまい

2018年2月21日 (水)

続・「memento mori(メメントモリ)-死を想え-」

たまに考える。 もしも僕がテニスをできない状況になったら、他になにかできるのかなって。 今の収入が得られるのならば、仕事をかえたっていい訳だから…。 だけど気がつけば、もうこの仕事(←テニスコーチ)を辞められない立場にいて、必死こいて生きている。 指導者×肉体労働者は大変だわ…。 そのせいで酒を飲みすぎる(ストレスがたまるから)。 でも大丈夫! 僕のアルコール分解能力は才けているから(どんなに飲んでも、5時間もすれば、ほとんど覚めている)。 いい人生って何? 規律正しく、酒もタバコもやらないで生きること?             つづく

2018年2月20日 (火)

「memento mori(メメントモリ)-死を想え-」

久しぶりにペンを持った…。 やけに疲れている。 雪かきのせいだ…。 まだ疲れが抜けない。 何も書く気になれなかった…。 正直に言って、もうスコップは持ちたくない。 累計32時間の雪かき…。 でも3月に雪が降った経験もあるので、まだ気は抜かない。 もう1回…。 今日はオフ。 書くことがないので、今を生きたいと想い、ダラダラと書いている。 ダラダラと真剣に今を生きるとは、一体どういうことなのだろうか? 意味が判らない…。             つづく

2018年1月31日 (水)

「1月22日(月曜日)・大雪」

1月22日(月曜日)の昼前に降り出した雪。 降り続く…。 あっという間に積もり始める。 大雪だ。 午後1時11分。 雪が降る中、コートに立つ。 もちろんラケットではなくて、スコップを持って。 雪が降っていても除雪作業をした方が、後で楽なのを経験的に知っている。 精神的にはキツいのだけど(雪を掻いても、またそこに積もってしまうから)。 雪掻き開始。 7時間掻き続けたところで、雪の嵐になったので終了。 結末を言ってしまうと、雪掻きは4日間(木曜日の夕方まで)続いた。 僕は19才の頃からタウンテニスにいるので、何べんも雪のテニスコートを見てきたけれど、こんなに積もったのは初めてだ。 今までに雪掻きに4日間もかかったことは無かったはずだ。 覚悟を決める。 結局、僕はタウンテニスに2泊3日(移動時間がもったいないから)。 雪を掻き続けた…。 火曜日、朝5時に起きて、5時45分から9時間。 水曜日、朝5時に起きて、6時30分から9時間。 水曜日の夜は、身体が潰れたことと洗濯物問題で流石に我が家へ帰宅。 死んだように眠り続ける。 木曜日の朝、目が覚めると、身体が死んでいてまるで動けない。 午後2時30分から作業したけれど、2時間しか動けなかった。 とほほ、なさけない。 死亡宣告。 でも幸い、そこで除雪終了。 金曜日からレッスンができそうだ(ボロボロの身体で)。 他のスクールは、いつからレッスンができるのだろうか? 応援に来てくれた生徒さん、ほんとにありがとう。ペコリ。 掻き続けた雪の量と飲み続けた酒の量を思い出すと、気が遠くなる。 怒涛の4DAYSでした。 雪国の人々のメンタルに感服する…。

2018年1月26日 (金)

「CHANGE(変わる)」

心理学者のアドラーは言った。 「人間は、3日で変われる」と。 「人は変われないのではなく、ただ変わらないという決心を下しているのに過ぎない」ということだ。 なんとなく分かる気がする。 小説家の村上春樹は言った(「騎士団長殺し」の中で、免色さんの口を通して)。 「試練はいつか必ず訪れます。試練は人生の仕切り直しの好機なんです。きつければきついほど、それはあとになって役に立ちます」。 なんとなく分かる気がする。 変わらなきゃ! 変わらなきゃ、人生はつまらない(言うまでもないが、人生は1度きりだから)。 「変わる」ための努力は惜しまない。 言葉にすると簡単だけど、「変わる」のは難しい。 人間には、変わった方がいい部分と変わらない方がいい部分がある。 もしかしたら、変わろうと努力しても悪い方に変わってしまう事の方が多いのかもしれない(だからこそ、ただ変わらないという決心を下してしまう訳だ)。 でも、怖がったら駄目だ。 変わらなきゃ! 剥き出しにした「自我」は醜い。僕は物心がついた時から、「自我」を剥き出しにして生きている人間からは、遠ざかって生きてきた…。

«「冬の三日間集中レッスン(1/4~1/6)を終えて」